<< はじめてのジャンガリアンハムスター飼育方法入門【その0】:ハムスターを飼う前の注意点とは? | main | ハムスターのケージ「ルーミィ」のお掃除をしました★ >>
2016.03.29 Tuesday

双極性障害(躁うつ病)の躁状態で起こる「不眠症」「眠れない」の対策法!

[スポンサードリンク]

0

     


    躁うつ病 克服

     

    目次

     


    【まえがき】筆者が体験した不眠について


    こんにちは、ミーコです!

    筆者は今から2ヶ月ほど前に、
    医師から「双極性障害(躁うつ病)」と診断されました。

    現在は「リチウム」「リスパダール」で治療をおこなっています。

    しかし治療する前の躁状態のときは、
    「眠れない」「寝付けない」といった悩みがありました。

    私はもともと高校時代から不眠症を患っておりましたが、
    躁状態の不眠は、明らかに今までの不眠とは違った感覚でした。

    「眠れない」というより、
    「寝たくない」という表現のほうが正しいように感じます。

    布団の中に入っても、
    いろいろなアイデアで頭の中がいっぱいになってしまい、
    気がつくと布団を飛び出して、
    机の上で執筆をしたり、アイデア出しをしたりしていました。

    恐らく躁鬱の方はこのような不眠を経験することだと思います。

    今回はそのような不眠の対策についてお話したいと思います。

     

     

     

     

    【AD】60分3,000円の電話カウンセリングサービス。あらゆる心理問題のご相談に乗ります

     

     

    躁状態の不眠には3つのタイプがある!


    まず、躁状態の不眠には、
    大きくわけて3つのタイプがあるとされています。
    その種類について紹介したいと思います。

    【その1】眠りにつくのが困難

    これは一番多いタイプです。
    頭の中がいろんな考えでぐるぐるしてしまい、
    まったく眠れないといった状態になります。
    (筆者もこのタイプに当てはまっていました!)

    【その2】眠りについても途中で目が覚める(中途覚醒)

    3〜4時間たつと目が覚めてしまい、
    その後も「浅い眠り」が続くようなパターンです。

    【その3】いつもより早く起きてしまう

    早く起きたあと、まったく寝付けなるという状態です。


    …みなさんはどのタイプに当てはまっていましたか?
    いずれも、対処していかなければならない問題になります。

    そこで、対策について述べていきたいと思います。
     

    自分が不眠であると気付けないときの対策


    躁うつ病で怖いのは、
    「自分は活動が出来ているので正常である」と思って、
    疲れていることを自覚できない、ということです。

    身体は疲れているのに、それを自覚できない、ということは、
    身体をどんどん痛めつけることになります。

    今は大丈夫でも、気付いたころには遅かった、
    ということにもなりかねません。

    そのために大切なのは、
    「周りの人に気付いてもらう」ことです。

    家族でも恋人でもいいです。
    精神科の先生でもいいです。

    「自分が活動的になっていたら休むように教えて」
    と伝えておき、
    そのときがきたらストップをかけてもらうことが大事です。

    もし周りの助けが借りられない状態の場合、
    自分で管理できるよう、
    「日々の行動日記」をつけましょう。

    何時から何時まで●●をしてた、といったことをメモしておくのです。
    とくに、睡眠時間についてはマメに記録します。

    通常の睡眠時間が7時間であれば、
    それが3〜4時間になってしまっているとき、
    明らかに睡眠不足です。

    自分が睡眠不足である、という自覚ができることが大事なのです。

    [AD]女性専用の匿名カウンセリング【ボイスマルシェ】新規会員登録で初回1080円オフ!

    睡眠不足の対策でいちばん大事なこと


    それでは、睡眠不足を対策するために、どうすればいいのでしょうか。

    一番大切なこと。
    それは「薬物療法」です。

    躁うつ病は脳の病気であるといわれています。
    そのため、まずは脳の機能が正常にはたらくように、
    薬物で制御しなくてはいけません。

    私は「リーマス」「リスパダール」を現在服用しています。
    服用してからというもの、
    異常な活動や、睡眠不足は減りました。

    躁うつ病の治療薬には眠気がくるものも多いです。
    そのため、まったり落ち着いた気持ちで眠ることができます。

    そして、自分にあった薬を見つけるためにも、
    精神科の先生には正確に自分の状態を伝えましょう。


    私は以前に比べたらかなり正常な生活が出来るようになりました。
    薬の力や、精神科の先生の協力のおかげだと思っております。

    みなさんも、どうか一歩ずつ、不眠の治療をはじめてみてください♪

    また、躁うつ病の治療も、長い道のりになるかもしれませんが、
    のんびり自分のペースで歩いていきましょう!
    筆者も「できることから」がんばるように取り組んでいます!

    少しでも、この記事がみなさんのお役にたてば幸いです☆
    ご拝読いただき、ありがとうございました♪


    [PR]よくわかる双極性障害(躁うつ病)

    [AD]女性専用の匿名カウンセリング【ボイスマルシェ】新規会員登録で初回1080円オフ!

    (※下記のリンク集に広告や他ブログ等の外部リンクは一切含まれておりません)

     

     

    【心の病気】に関するその他の参考記事一覧

     

     

     


     

     

     


     

     

    Copyright(c) まいにちを丁寧に生きるためのブログ All Rights Reserved. and written by "ミーコ"


     

    [スポンサードリンク]

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    ● Profile ●
    スポンサードリンク

    姉妹ブログ2よろしくっす♪

    rurupi logs

    心理カウンセラーを目指したい方必見!

    心理カウンセラーになるには?
    ● ad ●

    女性専用の匿名カウンセリング【ボイスマルシェ】新規会員登録で初回1080円オフ!
    ● ●
    Selected Entries
    Categories
            
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM