2016.05.05 Thursday

【女性の鬱病】うつで洗顔・化粧がつらいときの対策【美容・健康】

[スポンサードリンク]

0
    JUGEMテーマ:うつ病

    うつ病SAD社交不安障害

    こんにちは、ミーコです♪
    私は「双極性障害」「不安障害」を患っています。

    うつ状態にあるとき、
    私はいろいろなことをはじめるのが億劫になってしまいます。

    とくに「化粧」は面倒で仕方ない…。

    工程の多い作業なので面倒くさくて当然ですよね。
    しかし、すっぴんで行くわけにもいかない…。

    今回は、そんな困った状態のときに私が実践していることを紹介したいと思います。


    まず、森田療法「外相整えば内相おのずから整う」という言葉があります。

    これは、見た目(外面など)がきちんとしてれば、中身(気持ちなど)も自然と楽になっている、という意味です。

    その言葉から考えてみますと、
    「すっぴんで外にでる」という行為をしていると、
    おのずと気持ちも沈んでしまいがちなのです。。

    私も実際、化粧するのが面倒で、すっぴんで外出することもありましたが、
    どうしても人目が気になってしまって、
    そんなときは気持ちもずっと落ち込んだままでした。

    そう考えると、やっぱり化粧はしたほうがいいようです。

    それでは、どうやって化粧するかを考えてみましょう。


    まず、「化粧して綺麗な自分を想像する」のです!

    たとえば、昔に自撮りしたお気に入りの画像があるという人は、
    その画像を見てみましょう♪
    うまくいったときに自撮りをしてみるのもいいでしょう!

    自分の顔に自信が持てます。

    そうして、自分の化粧をした顔を想像したら、
    「とりあえず顔を洗ってみる」のです!

    石鹸や洗顔フォームで洗うのが面倒だったら
    水だけで洗ってみましょう。
    おすすめは冷たい水です!
    顔もしゃきっとしますよ!

    これだけでとってもすっきりするはずです!

    ここまでできたら、今度は化粧水などをつけて、
    鏡で自分の顔を見てみましょう♪

    水で潤った自分の顔を鏡で見るとやる気が出てくると思います。

    そして、「口角をあげ、鏡の前で笑顔を作ってみましょう!」

    そこまでやったらあとは
    下地を乗せる。
    ファンデーションを塗る。
    チークを塗る。
    リップを塗る。

    面倒な作業があるときは飛ばしたっていいんです!
    だいじなのは「かたちが整うこと」なので♪

    化粧をした貴女はとても綺麗です。
    でも、「化粧をしているから」綺麗なのではなく、
    「化粧に満足して輝いているから」綺麗なのだと思います。


    まずはひとつずつ♪

    綺麗にマイペースに。丁寧にやっていきましょう!



    心がスッと軽くなる 認知行動療法ノート ―自分でできる27のプチレッスン―

     
    (※下記のリンク集に広告や他ブログ等の外部リンクは一切含まれておりません)
     

    【心の病気】に関するその他の参考記事一覧
     



     

     
    Copyright(c) まいにちを丁寧に生きるためのブログ All Rights Reserved. and written by "ミーコ"

     
    2016.04.27 Wednesday

    【鬱病】「やらなければいけないことができない」の対策!【部屋の壁に目標を貼る!実践】

    [スポンサードリンク]

    0
      JUGEMテーマ:うつ病


      出社 元気 会社員 SAD 不安障害



      こんにちは、ミーコです。

      前回、
      「うつ病で準備・支度ができない」の克服方法を考えてみました
      という記事を書かせていただきました。

      今回は、上の記事の内容とはまた違ったかたちで、
      自分流のやる気を出す方法をお教えできればと思います♪

      私は双極性障害(躁うつ病)社交不安障害を患っており、
      転退職を繰り返してきました。

      この2ヶ月くらい、休養をしたことで、
      症状はだいぶ軽くなりました。
      その為、就職活動をがんばっております。
      (デパスを飲みながらギリギリ頑張れている状態ですが…)

      しかし、やはり準備をするということがとても苦手で。
      特に就職活動となると、
      履歴書や職務経歴書を書いたり、
      実際に面接の対策をしてみたり、
      「やる気」を出さなければいけない場がたくさんあるんですよね。

      そこで今回私がやっている方法。

      それが、
      「壁に目標を貼る(Wordやメモ帳のデータ印刷)」です!

      よく受験生などが壁に目標を貼っているのを見ますが、
      これは印刷なので、書籍のように目に飛び込んでくるんです。

      今まで私はすべて手書きで壁に目標を貼っていました。

      しかし、自分の手書きだとどうしても甘ったれてしまうのです。
      (私の字は丸文字でふざけたように見えるせいかもしれません)

      その為、今回は実験として、
      Wordで文書作成しました!

      Wordは図の挿入もできるし、
      ワードアートのような可愛いデザインもできるので、
      自分好みに仕上げることが可能です!

      私は今回の就職活動に向けたプロセスと、
      自分がつらくなってしまったときの対策法の2枚を作成し提示しました!

      この紙は、自分がいちばんよく座る場所の近くに貼るといいです!
      私はテレビの上に貼っています♪


      また、書くときにこだわったのが、
      「自分がいまやるべきこと」
      を書いたものと、
      「自分がつらくなったときに気持ちが楽になる方法」
      を書いたものの2種類をつくることです。

      はじめは
      「自分がいまやるべきこと」をまとめた紙1枚だったのですが、
      その紙をずっと見ていたらどんどん不安になってしまいました。

      「やらなければいけないことがいっぱいある!!」
      と思って頭がパンクしてしまったのでしょう。

      その為、
      「自分つらくなったときに気持ちが楽になる方法」
      の紙も追加して作成しました。

      この方法で、今は無事に就職活動を続けることができています!

      目標はみなさんそれぞれいろいろなものがあると思います。
      大事なのは、
      「あまりに無茶な目標はたてない」ということ
      だと思います。

      たとえば、
      うつ病なのに「ネガティブ禁止!」とかです。

      ネガティブでいいんです。
      むしろ物事をマイナスにとらえなければ
      解決しない問題だってたくさんあります。

      目標はプロセスを立てて、
      1、2、3…と段取りを立てるのがいいかもしれませんね!

      でも焦って先を見過ぎないのも大事です!
      今日がうまくやれればそれで十分♪
      そう自分に言い聞かせられるといいですね!

      長くなりましたが、ご拝読ありがとうございました!

      みなさんもこのやり方を試してみて、
      どうか少しでも自分に自信を持っていただければと思います!



      心がスッと軽くなる 認知行動療法ノート ―自分でできる27のプチレッスン―

       
      (※下記のリンク集に広告や他ブログ等の外部リンクは一切含まれておりません)
       

      【心の病気】に関するその他の参考記事一覧
       



       

       
      Copyright(c) まいにちを丁寧に生きるためのブログ All Rights Reserved. and written by "ミーコ"

       
      2016.04.07 Thursday

      「うつ病で準備・支度ができない」の克服方法を考えてみました

      [スポンサードリンク]

      0
        JUGEMテーマ:うつ病


        うつ病 鬱病 ひきこもり



        こんにちは、ミーコです。
        私は双極性障害(躁うつ病)社交不安障害を患っており、
        転退職を繰り返してきました。
        現在は休養中です。
        その為、家で一人でぼーっとすることが増えました。

        そして、鬱の症状が悪化したのか、
        前までは簡単にできたことが突然できなくなったのです。

        洗濯物、食器洗い、掃除…など、
        これはまだ可愛いほうな気がします。

        私は、
        お風呂に入る、ご飯を食べる、顔を洗う、歯を磨く、
        ということがとても困難になりました。

        ご飯を食べるのが困難というのはとても辛い状態です。

        おなかは空いているのに、ご飯を食べる気力がない。
        目の前にご飯を置いても、箸を持って、食べる、という工程が面倒でした。

        そんな風に考えてしまった私は、
        みるみるうちに痩せていきました。

        お腹はすごく空いてるのに、ごはんが食べられない…。
        拷問のような状態です。
        痩せても全然嬉しくありませんでした。


        最初はその問題を解決するために、
        精神安定効果のあるデパスを飲んで、
        なんとかお風呂に入ったりご飯を食べたりすることができました。

        しかし薬に耐性がついてきてしまいますと、
        やはりまた支度ができなくなってしまうのです。

        つらいのは、
        そのお薬をもらうために精神科に行かなければならないけれど、
        精神科に行くための準備にまず薬が必要で、
        それもものすごい時間と労力が必要とされることでした。

        薬があまり効かなくなってから、
        認知行動療法
        森田療法を日常に取り入れたりもしました。

        認知行動療法では
        「認知のゆがみ」を治すものであって、
        今の私に必要なものではないのだと思い、
        森田療法をより詳しく学びました。

        森田療法でいちばんためになったのが、
        「気分本位でなく、事実本位」
        という考えです。

        いまわたしは不安である。(気分本位)
        しかしやるべきことはやろう。(事実本位)
        →歯を磨くことに集中しよう!

        という考え方になります。

        また、森田療法では「作業療法」というものもあります。

        作業することが心の健康にいいとされていますので、
        「これから作業療法をする!」と自分に言い聞かせ、
        歯を磨いたり、お風呂に入ったりすることができました。


        「つらくて支度ができないときも、
        森田療法を使えばできる!」



        しかし、森田療法にも解決できない問題がありました。

        「うつ状態への適用」です。

        森田療法は主に強迫観念予期不安に対しては
        うまく機能してくれるのですが、
        うつ状態には効かないのです。

        森田療法は
        「気分にこだわらないで、とにかく目の前の仕事に集中すればいい」
        という教えがありますが、
        これが、仕事でいじめられてうつ状態になっている人に通用するでしょうか?

        いいえ。
        うつはどんどん増すことになると思います。


        私は認知行動療法にも森田療法にも解決できない問題もあるんだ、と実感しました。

        両方をもっと深く学べば解決できるのかもしれませんが、
        そのときの私にはもう深く学ぶほどの気力もありません。

        そんなとき、ふと試したことがありました。

        「服を着替えるのが面倒だ」
        と思ったとき、
        「服を着ることを目標にするからいけないのではないか?」
        と気付いたのです。

        そして、
        「まず靴下をぬぐところから始めよう」
        と、一つ先のことを目標にするようになりました。

        すると、気付けば私は簡単に着替えることができていたのです。


        病院へ行くときも同じ方法を試しました。

        「病院へ行く」という目標ではなく、
        「まず靴下をはく」という目標をたてるのです。

        玄関のドアを開けるときはなかなか苦しかったです。
        外に出る、電車に乗る、病院へ向かう、
        ということを想像してしまったからです。

        しかし私は頭をクリアにして、
        「行けなくてもいいから、とりあえず玄関のドアまで行ってみよう」

        そんなふうにして、
        気が付いたら病院の受付についていました。

        私はこの、「目の前のことだけを目標にする」というやり方で、
        今でも病院に行ったり、就職活動をしたりしています。

        気持ちはどうかといいますと、
        とっても苦しいです…。

        やるべきことはやる。
        そうすれば結果は必ずついてくる。

        しかし、気持ちまで簡単に楽になるかというと、
        そういうものでもなかったです。

        気持ちはつらいままです。

        けれど、やらないままでいたら、きっともっと自分を責めていたことでしょう。

        私は自分を「減点法」で考えるからいけないのだと実感しました。
        「加算法」で、考えなければいけないと考えます。

        これは認知行動療法でいう「認知のゆがみ」につながるでしょう。


        これからきっと、
        就職活動、面接、就職、就業、人間関係のあれこれ…
        いろいろな問題があると思います。

        しかしこれも「目の前のことだけやる」というやり方で。
        あまり遠くを見すぎず、
        足元だけでもすっきりさせられれば十分だ。と自分に言い聞かせるようにしてます。


        長くなりましたが、ご拝読ありがとうございました!

        「まずは目の前のことから」

        みなさんもこのやり方を試してみて、
        どうか少しでも自分に自信を持っていただければと思います!


         
        (※下記のリンク集に広告や他ブログ等の外部リンクは一切含まれておりません)
         

        【心の病気】に関するその他の参考記事一覧
         



         

         
        Copyright(c) まいにちを丁寧に生きるためのブログ All Rights Reserved. and written by "ミーコ"

         
        2016.04.02 Saturday

        低気圧と不安と認知行動療法と森田療法について

        [スポンサードリンク]

        0
          JUGEMテーマ:うつ病

          一般にうつ病の方は低気圧など気候の影響で不安を感じやすいと考えられていますね。
          僕もうつ病なので分かるのですが雨の前日とか季節の変わり目は無性に不安になります。

          中でも梅雨は最悪ですね。自律神経ボロボロの不安MAXって感じです。

          さて認知行動療法(CBT)は不安な気分と対応する認知があるから不安になるんだと主張します。
          例えば、「明日の面接に落ちたらどうしよう、うまくいきそうもない」等と考えると、
          その認知にひもづいた不安感が出てくるというわけです。

          でもでも、ちょっと待って下さい。
          僕の場合、低気圧とか気温の乱高下で自律神経がイカれているときには、強い不安感に襲われるわけです。
          しかしですよ、別にその強い不安感に対応する認知(思考)が存在しているかというと、はっきり言って無い気がします。

          別に何も考えてないし特に何かをひどく心配しているわけではない。
          にもかかわらず、

          「うへぇーひでー不安だなぁ、ガチ辛い!」

          となってしまうのです。

          これはどちらかというと思考や認知ではなく体調からくる不安なんだと思います。
          自律神経失調症という体調不良が不安を呼び寄せているということです。
          なので僕の場合、気候の乱れから心が乱れているときに、認知行動療法のワークをやってみてもさっぱり効果がでません。

          一方、森田療法では、不安はそのままに、その不安感をどうしようともせずに、なすべきことをしないさいと教えられます。
          要は不安ながらも家事をせっせとやるとかそういうイメージです。

          一言で言うと、気分がすぐれないことを理由にやるべきことをしないのはよくないと考えるわけです。
          森田先生はこのことを気分本位からの脱却と表現しています。

          さて、低気圧なりなんなりで不安で仕方ないときに有効な対策はなんでしょうか。

          最も手っ取り早いのは「薬」です。
          例えばデパス(エチゾラム)やブロマゼパム(レキソタン/セニラン)といった薬は不安を鎮めるだけではなく
          自律神経失調症の治療薬として用いられるので、
          自律神経を整え、尚且つ不安を減らす効果がありますよね。
          うつ病を患っている方ならよくご存じかと思います。

          僕の場合もまずは薬に頼ります。
          認知の工夫でどうしようもない身体よりの不調なわけですから、
          認知行動療法の3つのコラム法なんかを試してみても仕方がないと感じているからです。

          しかしながら、デパスやレキソタンといったベンゾジアゼピン系のマイナートランキライザーは、
          速効性も高くよく効くのですが依存性も高く耐性もつきやすいお薬です。
          何が言いたいかというと、副作用こそマイルドなもののけっこうリスキーなお薬でもあるということです。

          デパスの量なんかがどんどん増えていくと1日に投与していい量の最大値を投与しても
          たいして効かないなんてことにもなりかねませんし、
          かといって無理な断薬をするとベンゾジアゼピン離脱症候群という、
          不安が強くなったりイライラが強くなってしまうような離脱症状が出てきてしまいますよね。

          なので僕の場合は「デパス(エチゾラム)はなるべく使用を最小限にとどめる」努力をいつもしています。

          そこで必ずしも薬に頼れない場合で認知行動療法も役に立たない場合は、
          僕は「なんちゃって森田療法」を使います。

          結局、注意が自分の内心に向かいすぎているから不安を強く認識してしまうわけですよね?
          だから不安は放っておいて、不安ながら家事をしたりブログを書いたり、
          はたまたお笑い番組やアニメを見るなどして、
          注意を内向から外向へと転じます。

          注意が外向すれば、自分の気分的な辛さを「意識せずに済む」ので、
          結果的に、不安でも不安はそんなに感じないという状況を作れるというわけです。

          僕はだいたい低気圧などの自律神経がイカレテいる際は、
          とりあえずデパス(エチゾラム)を1錠だけ服用して、
          それからアニメ・ゲーム・漫画・海外ドラマ・お笑い・ブログ記事を書く・家事などの
          ことをして注意を心から外界の何かに集中するようにしてなんとかのりきっています。

          皆さんは低気圧なり季節の変わり目などで自律神経がやばくなって、
          どうにも気分が辛いときはどう対処されていますか?

          当ブログにコメントなどいただけるととても嬉しいです。

          あ、ちなみに今も気候性の自律神経の乱れからかなり不安が辛いので、
          こうしてブログ記事を書いてごまかしている次第でございます。

          書き終わったらアニメ『だがしかし』でも見るとしようか等と必死に心痛と戦う筆者なのでした!
          2016.03.22 Tuesday

          うつ病で生活が苦しく、生活保護を受給するしか道がないと感じたら

          [スポンサードリンク]

          0
            JUGEMテーマ:うつ病

            うつ病で生活が苦しく、生活保護を受給するしか道がないと感じたらどうすればいいでしょうか。

            結論から言えば、以下の要件を満たしていればうつ病が回復し働けるようになるまで生活保護を受給できます。

             \験茲鮖抉腓靴討れる「3親等以内」の親族がいない

            ◆〇饂今阿任△襦

            2016.03.22 Tuesday

            うつ病・不安神経症で「お風呂に入れない」という悩みから抜け出す!【鬱・引きこもり・不安】

            [スポンサードリンク]

            0
              JUGEMテーマ:うつ病


              うつ病SAD社交不安障害悩み

              目次

               

              【まえがき】筆者の「お風呂に入るのが苦手!」について


              こんにちは、ミーコです!

              筆者は双極性障害不安障害を患っており、いまは就職活動中。
              就職活動以外の日はほとんど家にひきこもってます。

              ひきこもっていると一層気力がなくなって、
              うつ状態も悪化し、
              お風呂に入るという日常の行動を行うことが
              非常に困難になります!


              筆者は一人暮らしで、バストイレ一緒の家に住んでます。
              実家にいた頃はきれいだった湯船も、
              一人暮らしで狭くなったお風呂場は、
              なんだか汚く見えてしまいます…。

              もともと筆者は子供の頃からお風呂が嫌いな子供でしたが、
              大人になった今でもお風呂が大嫌いなのです…

              そして最近ではうつ状態もひどくなり、
              3日お風呂に入らないということも度々起きるようになりました…。

              女性であるのにお風呂に入ってないということが、
              とても恥ずかしく、自分に自信もなくしてしまいます。

              しかし、ネットで調べてみると、
              「うつでお風呂に入れない」
              「うつでシャワーができない」

              など、同じような悩みを掲げた方々をたくさん目にしました。

              実際に、
              うつ状態になると何も出来なくなる、というのは当たり前のことなのです。

              しかし、当たり前のことと言えども、
              お風呂に入らなければだんだん気持ちもどんどん沈んでしまったり、
              「自分はなぜお風呂に入るという簡単なことすら出来ないのだろう…」
              と自分を責めてしまうこともあると思います。
              筆者は何度もその状態に陥っております。

              そんな悩みから抜け出す方法について、
              今回はみなさんにお伝えしていきたいと思います♪
               

               

              お風呂に入るために必要なステップの踏み方
              【まずはひとつずつ♪】

              お風呂に入るにはどうすればいいのだろう。
              なぜ、お風呂に入れないのだろう。

              うつのときは
              「何をするのにも気力がない」から動けないのです。

              そのためには「自分がリラックスする」ということが大事ですね。

              私はまず薬を飲みます!
              特に「デパス」「マイスリー」などが落ち着きます♪

              これらの薬は精神科で処方していただいている薬です。
              自分に合うお薬、合わないお薬がありますので、
              必ず医師の診断のもと、合ったお薬を飲むようにしましょう!


              それらの薬を飲み、
              気持ちが落ち着いたところで、
              「つぎにやるべきこと」
              を考えます。

              お風呂を入るときにまずやること。

              「服を脱ぐこと」です!

              ここで大事なのが、
              「お風呂に入ることを目標にしない」
              ということです。

              あくまでも「つぎやること」を目標にするのです。

              目標は小さくしていくことが大事なのです。
              まず目の前にあることを目標にしていけば、
              最終的には、自分のやりたかったことが出来るようになっているはずです。

              そのようにして、
              服を脱いだら、お湯を出す、
              お湯を出したら、シャワーを浴びる、
              頭を洗う、顔を洗う、身体を洗う…

              身体を拭く、服を着る、髪を乾かす…

              口に出してもかまわないです。
              考えてみればシャワーするのにもいろいろな工程を踏んでいますよね。
              これでは入るのにためらってしまうのも仕方ないです。

              でも、実際にやってみると、
              「シャワー気持ちよかった!」
              「シャワーできた自分は綺麗だな!」
              「すっきりしたから、ゆっくり好きなことをしよう♪」
              など、
              すこし前向きな気持ちにもなりますよね!

              筆者も実際に、お風呂に入ったあとは、
              掃除が捗ったり、外に出かけられるようになったりします♪

              お風呂に入るのって楽しいことなんですよね!

              毎回入るのに苦戦する私ですが、
              出たときにはいつも気持ちはすっきりしています♪
               

               

               

              「お風呂に入れない」は恥ずかしいことじゃない!

              お風呂に入れない、という悩みは、
              他人には相談しづらい悩みですよね。

              私も精神科の先生にさえも、あまり相談できないです。
              「きたない」と思われるのが怖い、というのもあります。

              心のどこかで、
              「こんな悩み、恥ずかしいなあ」と思ってもいます。

              でも、恥ずかしいことではないんです!
              むしろ、「病気の大事なサイン」といえると思います。

              先にも書きましたが、
              お風呂に入れない、何もする気力がでない、といった症状は、
              うつ病のサインです。

              心が疲れてしまっていて、動かなくなってしまっているんです。

              まず、精神科に行って、お医者さんに話を聞いてもらうことが大事です。
              精神科の先生は、何かしらのお薬を出してくれますので、
              合う薬を見つけていきましょう。

              また、周りのサポートも大事になってきますので、
              家族の方などには自分の心の状態を説明しましょう。

              うつ病の人に無理強いをすることは禁物です。
              「病気なのだから動けないのは仕方ない」ということを理解してもらいましょう。

              そしていちばん大事なのは、
              「自分を優しく見守る」ということです。

              うつ病の自分を責めてしまう気持ちがたまに起こるかもしれません。
              筆者も度々起こります。

              でも、責めてることを自覚したら、
              「つらい。つらいけれど、今はこれでいいんだ。」
              と言い聞かせて、少しお薬を飲んで落ち着くことにしています。


              現代では、少しずつ、
              うつ病でも生き易い世の中になってきていると感じます。

              うつ病という言葉も世間に浸透していますし、
              うつ病の方々が気軽に生きていける制度も充実しています。

              まだまだ、諦めるような事態ではないのだと感じます。
              お風呂に入るステップのように、
              うつ病という病気についても、
              「ひとつずつ」ステップを踏んで、治療をしていきましょう♪


              少しでも、この記事がみなさんのお役にたてば幸いです。
              ご拝読いただき、ありがとうございました♪

               


               

              (※下記のリンク集に広告や他ブログ等の外部リンクは一切含まれておりません)

               

               

              【心の病気】に関するその他の参考記事一覧

               

               


               

               

               


               

               

              Copyright(c) まいにちを丁寧に生きるためのブログ All Rights Reserved. and written by "ミーコ"


               

              2016.03.21 Monday

              【うつ病で休養中】の場合、絶対やったほうがお得なのに90%の人が見逃している「ある●●とは?」

              [スポンサードリンク]

              0
                JUGEMテーマ:うつ病

                問診

                それはずばりラジオ体操です。

                90%というのは適当な数字ではありますが、
                要は大抵の休養中の方が見逃してしまっている絶対にやったほうがお得なことは、ラジオ体操であると言いたいのです。


                なぜラジオ体操がそんなに重要なのでしょうか。
                米国の某大学医学部の精神科教授によれば、運動をすることは脳内のドパミン濃度を高め意欲を高めるのです。
                うつ病の症状の中で一番厄介なのは意志力の麻痺です。

                意志力が麻痺は昼間からベッドにもぐりこんでなんとなく居眠りをしてしまうような生活スタイルを形成します。
                また家事をこなすこともうつ病治療では良いこととされていますが、
                意志力が麻痺が強い場合には家事をするのも風呂に入るのも物凄く難しいことのように感じられてしまいます。

                するとそうした普通の日常的なことが出来ない自分をますます責めてしまい、自責の念で苦しむ結果にもなります。
                こうした自責の念が積もっていくといよいよ自信がなくなり「自分はもう働けないのではないか」などと
                将来への絶望感をリアルに感じるようになります。

                すると根本に将来への恐怖があり、その恐怖は漠然とした不安という形でうつ状態の人を苦しめます。
                これでは、自宅で療養していてもなかなか良い方向にいきません。

                しかし、将来への絶望感も自責の念も意志力の麻痺もとってもポピュラーなうつ病の症状です。
                病気の症状なのですから自分が悪いわけではけっしてないのです。

                ただそうは言っても、なんとかこの「クソ苦しい状態」から逃れたいと考えるはずです。
                そのためには上記で説明した悪循環に終止符を打てばいいのです。
                薬物療法が奏功して悪循環が好転しだすこともたくさんあるでしょう。

                しかしラジオ体操にだって悪循環をある程度弱らせる力があるのです。
                ラジオ体操は自宅で簡単にできます。
                そのくせ悪循環を断ち切る効果はなかなかに強力です。
                ラジオ体操によって脳内の側座核という部位におけるドパミン濃度が高まると、
                意欲が出てきて行動的になります。
                行動すると自責の念は少しずつゆっくりとですが減っていき、
                自信はこれも少しずつゆっくりと増えていきます。
                自信が増えてくると将来への絶望感が減って不安も減ってきます。


                どうですか?ステキだと思いませんか?ラジオ体操?


                それともう一つラジオ体操をオススメするもっと根本的で単純な理由があります。
                「人間は運動するようにできている」
                上記の生理学的な事実がその単純明快な根拠です。
                運動するようにできているのに自宅でじーーーーーーーーっとしていて、
                運動をしないようになれば、身体にも心にも不具合が出るのは必然だと言えるでしょう。


                さあラジオ体操の動画も準備しました。
                これを真似るだけですから寝間着のままで気分が優れなくても、
                比較的簡単に取り組めるのではないでしょうか。
                もちろんあまりに気分が辛すぎて酷いようであれば、
                あまり無理をしてやろうと考える必要はありません。
                横になっていることも大切な治療の一環なのですから。
                ただほんの一握りでも「余裕」をお持ちならば、
                是非、7,8分で構わないので、動画を見ながらラジオ体操をしてみませんか?
                2016.03.19 Saturday

                不安について

                [スポンサードリンク]

                0
                  JUGEMテーマ:うつ病


                  不安について少し考えてみようと思いました。

                  様々な文献に共通して書いてあるのが不安は必要な感情であるという点です。
                  しかし一方で不安が強すぎて社会生活に支障が出ている場合、不安は病気として扱われます。

                  不安には私の知る限り3つの法則があります。

                  1、不安はまだ起きていないことについて、「〜かもしれない」という主観的な予想から起きる。

                  不安だからといって今この瞬間の状況に問題があるかと言えば、今現在については特に何かが起こっているわけではない。不安はあくまで個人的な未来予想の結果としての気分感情であって、今起きてることについての気分感情ではない。

                  そのため不安に思っていたけれどやってみたらぜんぜん平気だった。むしろ楽しかった。ということが頻繁に起きる。なぜなら個人のなんとなくの未来予想が「的中」する確率はさほど高くないからだ。

                  この前、筆者は病院の検査が不安だったが受けてみたら痛くもかゆくもない楽々検査でした。

                  とこのように不安の便利でありかつ厄介な点は、まだ起きていないことに対する自分のけっこう適当な予測から生じる点です。
                  まだ起きていないことで悩むなんてちょっともったいない感じがしますね。

                  2、不安の中核には必ず恐怖が存在する。なんらかの対象への恐怖が無ければ不安も絶対に生じない。

                  3、不安にはそれに対応する「自分なりの考え」が必ずある。その個人的な思考が変わることで不安も消失することがある。
                  2016.03.18 Friday

                  勉強仕事が捗るやる気椅子(バランスボールです!)を買おう!2000円くらいだしね!

                  [スポンサードリンク]

                  0
                    JUGEMテーマ:気になること

                    やる気の出る椅子

                    脳科学的にやる気を出すのはとても簡単なことです。
                    運動すれば脳の血流が改善しやる気が出てきます。
                    でもずっと自室などの椅子に座っているとどんどん運動不足になってやる気は低下していきます。
                    こんなとき椅子を離れてとりあえずなんちゃってラジオ体操でもすればいいのですが、

                    逆に座りながら、作業しながら運動すると、ある程度はやる気がほぼ完全自動で楽に供給され続けるはず!

                    そのニーズに応える商品がこのバランスボールです。
                    実際、このブログも上記の写真のバランスボールでバインバインしながら書いていますが
                    やる気がバリバリとまではいかないまでも普通の椅子よりわいてくる気がします。
                    それと姿勢が自然と良くなるのもいいですね。

                    また空気量で椅子の(というかバランスボール)の高さを調節できるので
                    自分が机に対して最も作業しやすい高さをかなり1cm単位で微調整可能です。
                    若干調整作業はめんどうですが、
                    最初高めにふくらませて、それから徐々に空気を抜けば10分程度で高さ調節のセットアップが完了します。

                    脳科学的にやる気がでる不思議な椅子と呼んでも言い過ぎではないでしょう。

                    2000円もしないので購入してみてはいかがでしょう。

                    ちなににちゃんと膨らませるためのエアポンプが安いものでも付属しているので、
                    力などなくても想像より楽に膨らませることができました。

                    また破裂した場合でも徐々にしぼむので割れて倒れるリスクはほぼないと言っていいでしょう。
                    筆者は半年使っていますが手放せないアイテムになりました。


                    [PR]Amazonで格安バランスボールの価格をチェックする



                     
                    2016.03.18 Friday

                    精神論に頼らずスマートに「やる気」を出す方法とは!?

                    [スポンサードリンク]

                    0

                      自宅のデスクで2分でやる気を出す魔法とは


                       
                      ずはりそれは「うろ覚えラジオ体操」です!

                      うろ覚えラジオ体操とは、なんとなくラジオ体操っぽい謎の体操を自分なりに行うことです。
                       
                      「えーー!うそくさ!」と思われるかもしれません。
                       
                      しかし脳科学的にも生理学的にも運動はやる気と深い関わりがあることが分かっています。
                      そしてやる気が出ない大きな理由の1つに「運動不足=デスクでずっと座りっぱなし」というのがあるわけです。
                       
                      脳神経は原則として「変化変動」に応じて動くという性質がありますが、
                      「うろ覚えラジオ体操」によって全身運動をすることで、
                      結果的に脳内の血流が改善しやる気が出るという仕組みです。
                       
                      このように人間は「なまもの」ですから、その仕組みをうまく応用すれば、
                      スマートに2分で魔法のようにやる気を出すことができます
                       
                      論より証拠、百聞は一見に如かずと申します。
                      是非、騙されたと思って、机から立ち上がり2分間で構わないので
                      なんちゃって「うろ覚えラジオ体操」を自分なりにやってみてはいかがでしょうか。
                       
                      効果は保証します故!
                       
                      尚、べつにラジオ体操に拘ることはないです。
                      人間は工夫に喜びを感じるものです。
                      その観点から言えば「オリジナルダンス」でもいいですし
                      好きなアイドルの踊りを真似るのでもいいのです。
                       
                      脳科学、生理学的に言えば、とにかく全身を適当に動かせばそれで
                      自動的にやる気が出てきます!
                       
                      体の運動不足は精神の運動不足に直結するのです!
                       

                      [スポンサードリンク]

                      ● Profile ●
                      スポンサードリンク

                      姉妹ブログ2よろしくっす♪

                      rurucafe




























                      ● ●
                      Selected Entries
                      Categories
                              
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM