2016.09.04 Sunday

【ブログアクセスアップ】ぶっ倒れるまでブログを更新し続ける、そして継続し続ける

[スポンサードリンク]

0

    JUGEMテーマ:副業で副収入を稼ぐ!

     

    ブログアクセスアップのために一番重要なのは、「続けること」だ。ブログは蓄積型のメディアなので、続ければ続けるほど有利になっていく。モチベーションは様々だが、一番の書く理由は金儲けだ。アフィカスと罵られてしまうかもしれないが、お金は重要なやる気スイッチだ。

     

    多くのブロガーは継続できずにブログ飯の夢を諦めてしまう。しかし成功しているブロガーは皆、続けることが重要だと言う。ブログでアクセスアップしたければ書いて、書いて、書いて、書きまくるしかない。毎日、ぶっ倒れるまでブログを更新し続けて、そして、どんなにアクセスが低迷しても、更新を辞めないこと。これしかない。

     

    そのためには楽しんでブログを書ければ一番いいが、正直、苦しいときも悩むときもたくさんある。

     

    それでも、継続!継続!継続!継続すればいつか必ずブログが膨らんでいき、そして25万円稼げるようになる!その瞬間まで修行僧のように延々と書き続けることがブログ飯への唯一の道だと思う。

     

    巷ではブログ飯は不可能だという議論があるが、結論から言えば、実現している人がいるのだから、不可能ではない。しかし、極めて優れた継続力が求められるのは確かだ。

     

    いったいいつになったらそれなりにまとまったお金をブログから稼げるようになるのか?と不安になることもあるし、自分には無理なんじゃないだろうかと無気力感に苛まれることもある。

     

    だが、そこが、がんばりどころだ。

     

    SEOだとか記事の質がどうのというテクニックはとても重要だが本質ではない。本質はただ単に延々と書き続けられるかどうかだ。

     

    ちなみにこのブログだけで25万円稼ぐには、951,303PV/月必要な計算だ。なんとも個人のレベルでは途方もない数字だが、山登りや大学受験の勉強をするような気持ちで、「貫く」ことはできる。

     

    ブログアクセスアップの道は険しいが、毎日、限界まで更新し続けることをやめさえしなければ、いづれ早晩、誰でもブログ飯に到達できるはずだ。

     

    [PR]ブログ飯 個性を収入に変える生き方

    2015.01.20 Tuesday

    <超入門>【ブログアフィリエイト】「成果0円/月」⇒「500円/月」にパワーアップするシンプルな方法

    [スポンサードリンク]

    0
      2014.11.19 Wednesday

      アクセスは情報による圧力に対する反作用にすぎない

      [スポンサードリンク]

      0


        ※注意※
        この記事は無駄に長文で論点も定まっていないものです。
        管理人のSEOに関する自戒を込めた妄想を綴った記事です。
        情報の価値としてはかなり低い部類に入るでしょう。



        体がだるいとき温めれば良くなることがあります。
        あるいは、針を打つとか、灸をすえるとか。
        なんでもいいので圧を加えてその反作用として自己治癒力を引き出します。

        インターネット空間に情報の意味での圧を加えると、その反作用でアクセスが返ってきます。
        ナチュラルリンクが返ってくることもあるでしょう。
        アクセスやナチュラルリンクが返ってくると、その作用に呼応して、より多くのアクセスと広告収益を実現します。

        Googleがナチュラルリンクを重視している事実は説明するまでもないでしょう。

        情報上の圧力は、情報の持つ意味の価値として、その大小を規定されるものであります。
        例えば「明日、ソニーの株価が2倍になる」という情報は15文字たらずですが、
        もし正しければ莫大な圧力を持ちます。

        でもちょっと待って下さい。少し思考実験をさせて下さい。
        「人間が生きる理由、ついに判明、【特に無い】でFA、その理由は●●」
        という物凄い情報をこのブログで流すとします。

        ●●の部分は、子供が読んでも100%納得できるほど明快で確実な内容と仮定します。
        そして、●●の部分の文字数は100文字とします。
        真理は大抵、短い文章で表現できるものです。「e=mc^2」のように。

        あるいは、「リスク完全ゼロで確実に月3000万円儲ける方法、その具体的内容は●●」という情報でもいいです。
        ●●の部分は、インターネットが苦手な人でも4分で完全に理解できる内容だと仮定します。
        文字数はコチラも100文字です。

        こうした物理的な情報量は少ないが、意味的な情報量の多い文章は、インターネットにどんな圧を加えるでしょうか。
        検索エンジンは、当初この情報を評価しません。
        検索エンジンは、すぐに情報の意味的価値を理解できません。

        Googleは例えば被リンクや更新頻度、ドメインの古さ、内部リンク数といった、
        『その情報の意味的な価値の量を「間接的に」示す”指標”』を通じて、【ある文章の価値】を理解しようとします。
        ということは、先に挙げた莫大な意味的価値を持つ情報を公開しても、その反作用としてのアクセスがすぐに起きるわけではありません。

        WEBの世界では、非常に価値の高い文章でも、Googleがゴミだと判断すればそれはゴミなのです。
        Googleのクローラーはすぐに私が公開した儲ける情報をインデックスするでしょう。
        もちろんゴミとしてインデックスされるので、[副業]と検索しても、222ページ目でようやく出てくる程度です。

        しかし、ある日、何かのきっかけで、1人の来訪者が現れます。
        それは、この凄いお金儲けの情報を公開してから、40日後のことでした。
        きっと何かの偶然でTwitterあたりから来たのでしょう。

        人間は当然、こうした情報の意味上の価値を理解できるので、あまりに感動的な真理に衝撃を受けます。
        そして、あまりの嬉しさにこのページをブックマークしました。
        それから、さらに70日が経過しました。

        まだこの「1日にノーリスクで100万円、誰でも簡単に稼げる方法」を知っている人は、
        世界に、わたしと、偶然にTwitterから訪問したスーパーラッキーな誰かの2人だけです。
        この「スーパーラッキーな誰か」は早速ノウハウを実行し既に5000万円稼いでいます。

        この「スーパーラッキーな誰か」このノウハウが既に拡散されつつあるものと勘違いしていました。
        世界に向けて公開した再現性100%の儲け話なのに、まだ2人しか知る者はいません。
        この「スーパーラッキーな誰か」はこのノウハウを自ら拡散させようとは考えませんでした。

        WEBの世界では、情報の大小は、ある文章の意味上の価値によって規定されるとすれば、
        公開から110日も経過しているのに、全く検索にひっかからないなんておかしな話です。
        私はこのエントリーの冒頭で「インターネット空間に情報の意味での圧を加えると、その反作用でアクセスが返ってきます。と断言しました。

        しかし、この思考実験によれば、少なくとも110日経過した程度では、アクセスも被リンクも得られませんでした。
        物凄く莫大な圧力を持つ情報にも関わらず・・・・です。
        一方、300日後には私のブログは1日数十万、数百万のトラフィックが集まるようになりました。

        そうです。きっと3人目の「スーパーラッキーな誰か2」か4人目の「スーパーラッキーな誰か3」が、
        TwitterやFB、ソーシャルブックマーク、自分のサイトなどを通じて拡散したのです。
        凄い情報に感動したからシェアしようと思った人がいたのです。

        その結果、Googleのロボットもようやく私のブログを高く評価しました。
        今では検索エンジン経由で破壊的なほどにアクセスを受けます。

        インターネット空間に情報の意味での圧を加えると、その反作用でアクセスが返ってきます。
        但し、現実に情報の価値を解釈し、それをGoogle先生に報告してくれるのは人間です。
        その他人に運んでもらわなければ価値ある文章でもGoogleにクズ扱いされます。

        SEOのことを考え始めると人間が見えなくなることが私はあります。
        Googleを見つめてしまうのです。
        人間を無視しだすのです。

        しかし、実際に、SEOを成功に導くのはGoogle先生にわざわざ報告をしてくれる他人だけです。
        従って上位表示をさせたければ注目すべきはGoogleではなく、
        たまたま偶然に来訪してくれた誰かにいかにブックマークされるかどうかです。

        SEOに王道無しといいます。
        この思考実験からも「SEOに王道無し」という事実が見えてきます。
        淡々と長い時間(300日とか?)をかけて良いコンテンツを定期的にアップロードしていく以外に術はありません。

        その意味で、SEOに成功したければ、先ず考えるべきは、戦場をどこに設定するかです。
        言い換えれば、どんなジャンルのキーワードで上位表示すべきかという問いの答え探しです。
        ヒントは自分がどんな能力や資源を持っていてるかと、その戦場の競合の力量の分析です。

        孫子は言いました。将の能力や、王の信頼度、兵士の数といった指標で、劣っているなら絶対に戦わないと。
        そうすれば100回戦っても100回勝てる、戦争は100戦100勝でないと厳しい。
        1回敗戦するだけで国が滅ぶ。

        幸いSEOメディアの開発は戦争ほどシビアではありません。
        キーワード選定を何度がミスってもだいじょうぶです。
        個人レベルで言えば、1つのSEOメディアを創出するのにかかる労力はちょうど半年くらいでしょうか。

        (残りの寿命 ÷ 半年) × 0.6 = 敗戦しても問題ない回数
        くらいの計算式はどうでしょうか。
        わたしなら、多分あと、40年くらいは生きるので、(40y ÷ 0.5y) × 0.6 = 48回なので、あと48回くらいならメディア戦略で失敗してもだいじょうぶです。

        幸い、WEBの世界では、完全な惨敗という現象は少ないです。
        戦略がけっこう間違っていても、努力すればまだまだ一定の成果は出せる環境です。
        量産型ブログなどといったスパム方式が通用する程度の市場ならぜんぜん勝負できます。














         

        [スポンサードリンク]

        ● Profile ●
        スポンサードリンク

        姉妹ブログ2よろしくっす♪

        rurucafe




























        ● ●
        Selected Entries
        Categories
                
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM