2016.07.29 Friday

文章は準備が7割

[スポンサードリンク]

0

    JUGEMテーマ:副業で副収入を稼ぐ!

     

    良い文章をかくためには、文章を書きあげるまでの時間が8時間とすると、その7割の5時間は情報収集などの準備にあてなければなりません。

     

    8時間も文章を書く時間があるのに実際に「書く」時間は3時間弱ということになります。

     

    副収入をアフィリエイトで稼ぐには準備をしっかりした上で文章を書かなければなりません。

     

    準備のほとんどは情報収集です。

     

    WEBや書籍からネタ情報を集めます。

     

    なので、私の場合、WEBに(比較的気合いを入れて)投稿する文章をつくるときは、とりあえず近所のドトールにこもります。そして紙媒体の資料を読み込み、メモ帳にマインドマップを書きます。

     

    それから帰宅したら、これから書く文章に関連しそうなキーワードで検索をかけます。

     

    検索結果の上位20件は熟読します。

     

    そこまで準備した上で、次はアイデア出しをします。

     

    自分の言葉で語るためには自分のアイデアも豊富に用意しなければなりません。

     

    アイデア出しはマラソンに似ています。

     

    苦しんで長くたくさんアイデアを出せば出すほど良いアイデアが生まれる可能性が高いので、最低でも50個はアイデアを出すようにしています(理想は100個)ですが。。。。。

     

    ここまで準備してようやく、文章を実際にタイプする段階に入ります。

     

    あまり急いで作らず、2,3文書いたら、「うーむ...」とわざと手を止めて文章が本当にユーザーの役に立つものになっているか?

     

    わかりやすいものになっているか?

     

    といった視点から再検討します。

     

    そうした牛の歩みでようやっと文章の公開にこぎつけるわけです。

     

    アフィリエイトのためにメディアを作る。メディアのために文章を書く。

     

    けっこう大変な作業ですが私は文章を書くことを快楽だと思っています。

     

    自分なりに納得できる良い文章が出来てアクセスも集まったときは収益抜きで本当にうれしいですね♪

     

     

     

    人を操る禁断の文章術

     

     

     

     

    2013.03.24 Sunday

    日記その1

    [スポンサードリンク]

    0
      JUGEMテーマ:電子書籍


      ライティングということについて書きたいと思います。

      私もブログを書いている所謂ブロガーですから、

      良い文章を書きたいのであります。

      そこで良いライティングとはどういうことか?

      ブログではどんな記事をどのように書いたらいいか?

      そんなことを考察したいと思うわけです。

      文章のクオリティーを上げる製造工程

      文章のクオリティーを上げるためには、

      文章の製造工程にに着目するのが一手でしょう。

      製造工程という言葉は経営学の用語ですね。

      品質管理だとかプロセスマネジメントだとか、そういうのです。

      文章を書く過程で、プロのエッセイストの方でしばしば耳にする工程は、

      まず紙に手書きで原稿を書いてそれを、ワープロに落としていくというスタイルです。

      この文章構築のプロセスは人間の脳の特質をうまく引き出す効果があるんじゃないかと思います。


      [スポンサードリンク]

      ● Profile ●
      スポンサードリンク

      姉妹ブログ2よろしくっす♪

      rurucafe




























      ● ●
      Selected Entries
      Categories
              
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM